「で」のブツブツ

たかが展示台なれど‥

「ハラハラ展」では、座卓やダイニングテーブルの上に器を並べて、暮らしの提案という展示をしたが、それだけでなく、上原さんの器だけを美しく並べた展示もしたいと思っていた。その為には、展示台そのものも、シンプルでシンボリックなモノにする必要があった。
長いスパンを持つ橋のようなテーブル、というイメージはすぐに浮かんだが、仕上げをどのようにするか?天板の継ぎ目はなくしたい、ということで当初は障子紙などの長い一枚紙も検討したが、展示の器には白瓷のモノが多く、すぐに却下。結果的には、一枚のグレーの布でグルリと張り包むことに。但し綺麗に貼らないと台無し。模型で貼り方を検討してはいたが、実際は多少苦闘しながら(自分だけが理解していたので、心配そうに見守る搬入ギャラリー達・笑)1時間ほどで完成。思ったよりもシワ一つも無くピンと貼ることが出来て、ヤレヤレ、と。
この台、外形寸法のみ指示をして、構造はおまかせで「むっく」で製作。コンパネで軽量なノックダウン構造、見事に作ってくれました。さすが! 感謝です。

家具だけでなく、こんな展示台も作ってよ‥、と。
d0008234_191499.jpg
4mのテーブル、軽くて強い。天板真ん中はインローで継がれ、2つに分解可能。脚もノックダウン式。さすがの構造。
d0008234_19143191.jpg
見事に貼られた展示台。しかし残念なのは、その苦労がほとんどの人に気づかれなかった事。(笑)
d0008234_19143693.jpg

[PR]
by hararaex | 2012-07-03 19:25 | その他の事