「で」のブツブツ

「むっく」が、東京の展示会に。(11/25〜27)

11/25(水)〜27(金)、東京ビッグサイトで催されますIFFT(インターナショナル・ライフスタイル・リビング展)に、むっくも出展します。ブースは、HOMEゾーンの1-089です。
何故又、急に、そんな展示会に?(笑)。夏頃クラさんから、出展しようかな?との相談、聞くと、日々の仕事をこなすだけでなく、新しい事にトライしたい事や、新しいむっくの住宅建築工法であるウッディブリックを全国的に紹介したいので、とのこと。
IFFTは主に家具、インテリアの展示会なので、それからは少しずれてはいるのだが、今、活用が求められてる杉の間伐材を利用したこの工法をなんとか広めたいので、少しでも関心もってくれる人がいれば、と。ならば、ウッディブリック材の紹介も兼ねて、その素材で家具も作ってみようかと、テーブルやベンチなどをデザイン。出来上がったややワイルドな家具は、家具メーカーからは出て来ないたぐいもの。でも、なかなかイイ感じ(笑)。展示会には、むっくで作っている木の小物や家具、照明も少し展開する。さながらコンセプトは「楊枝入れから住宅まで」(笑)。
展示会用に、むっくの仕事をパンフレットにまとめたり、紹介のパネルを作ったりしてると、むっくの今までの仕事の広さと丁寧さには改めて感心。こりゃ、多くの家具メーカーの提案がカタチのバリエーションつくりに陥ってる中、独特の姿勢が紹介出来るかもしれない。自分達で九州から東京まで車で搬入するという心意気が(単に費用を安く上げようというだけだが・笑)なんとか実を結ぶといいのだが。ワタシも搬入の日には合流して次の初日だけ側面支援、で、夕方にはすぐに帰ろう。(なんせ都会は早く離れたいので・笑)

ウッディ・ブリックとは、佐賀県で開発された、国産杉の間伐材を乾燥集成して加工した建築素材で、ボルトでジョイントしながら積み上げていく工法。いわばレゴブロックで壁面を作る要領なので、セルフビルドでも可能。間伐による森林の保全、自然素材の有効利用も図れる。
むっくは、このウッディ・ブリックの素材加工や施行が出来る唯一の工房。

今回の展示会で、ウッディブリックの紹介に使う家具。
テーブルの天板はウッディ・ブリックをそのまま使って、脚をはさみこんだもの。長さは4mまで、巾は自由に出来るので、いろいろな可能性がある。建築素材なので、コストも安く。10cm厚さの天板は、ワイルドだろ〜(笑)。
d0008234_22232880.jpg

[PR]
by hararaex | 2015-11-22 22:24 | その他の事