「で」のブツブツ

とりあえず日程、そして追われる。

むっくMB家具の「コルザチェアー」を檜で作ることになり、元原寸図を探すと、随分製作中に修正したことがわかる。そう、いくら図があっても椅子の製作って、途中であーしたい、こーしよう、が出てきて図面にどんどん修正を入れることになる。で、再度現物をみながら、原寸図を描来始めた。しかし、又現物をみながら、あと5mm細くしようかな、角度をあと1度つけて、とか出てくる(ま、これはいつものことなので、アキラメてるが)。こんどは白木だし、もうすこし建具屋さんの技術を使ったものにしよう、と新しいアイデアもいれたので違ったモノになるはず。クラさんアクビさん製作よろしくね、出来上がりが楽しみだ。「灯りと建具展」の方は、その後アイデアの詰めなどまだまだ進んでない状態。しかし、展示会の会場は押さえて日時も決まった。又今年も作る広報冊子にも品川デザイナーからの案が出てきた。今日は週一回のガッコウ講師の日だが、それが終わって打ち合わせもやる予定になった。やることが沢山あるときは、とりあえず自分で日程をつくる、打ち合わせの日をどんどん入れる、そしてその日程に追われて仕事をする。そうしなくては、ズルズルと伸び伸びとなるだけ。デザインの仕事では、期間と質が必ずしも比例するものではないし。しかし、もうこんな感じで、20年以上も続けているのか、疲れてくるはずだ。
d0008234_692767.jpg

[PR]
by hararaex | 2007-09-13 06:37 | その他の事