「で」のブツブツ

小皿に分けた懐石料理へ、と。

むっくHPのリニューアル作業中。仕事ってのは、催促されないと中々進まない。今やらなければならないものばかりが優先的になり、あーしたい、こーしたいはつい後回しで、いつまでも進まないというのが常。ということで、自分で期限を切りました。だから暑い中、焦ってやっている。このところ、むっくHPのアクセス数も伸びてますし、又、サイトを訪れる人の半分近くは初めてアクセスする方。いままでのサイトもそう不評ということではなかったのですが、なにしろもう数年付けたし、付けたししてたもので、ごちゃまぜのゴーヤチャンプルー状態。これを、むっくの仕事の中心である「建具」「住まい」「家具」の3本柱が一目で分かり、すぐに目的の小皿に行き着けるよう、懐石料理へしようとしています。ところがすぐに細かいところまで気になってきて、素材の写真データまで再制作したりして、作業は増える一方。しかし、ま、わかりにくいHPが多い中(多くのwebデザイナーが作るHPはなぜあんなに凝り過ぎて、つまらないのだ)、サイトの作りでも、シンプルな、むっくのコンセプトが示せれば、それによって結果が生じてくれば、むっくもワタクシも報われるな、と。仕事というのはクリエイティブな要素が入ってればこそ、いくらでも続けられるわけで、それがないと、単なる労働力の提供。農業であれ、料理人であれ、商売であれ、すべて仕事はクリエイティブな事、それを単に労働といってはいけないな、と。こんなことを考えながら、仕事してるのは、やはり、暑さと歳で、頭も朦朧としてるのだろうか。
d0008234_1127127.jpg
このL型に置かれた大きな仕事デスクの配置は、コクピットみたいでなかなかよろしい。
仕事環境とて、体をそこに慣らすのでなく、体は何を欲っしているのか絶えず試行錯誤することは大事。
[PR]
by hararaex | 2008-08-07 11:39 | その他の事