「で」のブツブツ

さらに製作中

こんどは、2人のデザイナーで橋口木工所の工場で打ち合わせ。どんなデザインでも、最後は製作者と問題点を付き合わせて、その場であちこち変更。作品を作るわけではなく、製品、商品となるものを作るのだから、現場の意見は大事。又、建具屋の現場というと、木をカンナで削ったり、組子をノミで作ったりすることを思い浮かべるが、今の実際の現場は、正確に作るための機械加工は欠かせない(もちろん最終的には人の手と道具で仕上げることになるが)。NCマシン(コンピューター制御の加工機械)なども入っているため、その機械で何が出来て、何が出来ないかを知ることや、扱う木の素性を知る事も、プロダクトデザインをする上では重要な事。さて、展示会まであと何日だ?やることまだ一杯あるぞ。
d0008234_1722546.jpg
う〜〜む、考え込むシナガワ氏。
d0008234_1723994.jpg
その場でプログラムを打ち込んでもらい、NCで加工して見る。
加工する職人の、橋口ペア。
[PR]
by hararaex | 2009-01-30 17:07 | その他の事