「で」のブツブツ

出所(でどころ)を知る事での安心感。

さて、「さがモノ」プロダクツ、展示会の時に受注した商品の発送も終了。まだカタログの再制作、HP作成とやることはたくさんあるのだが。各工房は、日頃と違うモノの製作や、連絡、発送、と慣れない作業で、てんやわんやとしたことだと思う。このプロジェクトの目的は、木の小物などを製作して販売を軌道に乗せるのということが一つではあるが、実はそれだけでなく、そこで繋がったお客様との新しい関係を作り、建具本来の仕事にも繋げたいということもある。そこで、商品発送の時に、他の「プロダクツ」の紹介やコンセプトを書いたタグを入れたのだが、その中に「この商品を製作したのは、下記の工房です」というチェックシートを加えた。最近、産直の市などで、野菜などに生産者名を記したシールが貼ってあるが、それと同じ考えで、より、身近に製作者を感じてもらうのと、出所をはっきりさせることでの安心感、又、製作者にはより良いものを作る為の責任感を持ってもらう為にである。早速、このタグが役に立ったらしい。あるお客様からの連絡が直接製作者にあり、送付した商品に取り付けの穴加工がされてなかったらしい。クレームの一つであるが、すぐさま対処したということで、これをマイナスにとらえることでなくプラスの方向に積み重ねていけば、「さがモノ」も、少しづつ進化するはず。
来週は、ある福岡市内のインテリアショップさんに、いくつものアイテムを並べて戴けるらしい。佐賀での拠点となるショップの計画もある。まだまだやらなくっちゃ。
d0008234_11183676.jpg

[PR]
by hararaex | 2009-03-21 11:21 | その他の事