「で」のブツブツ

カテゴリ:住宅の事( 8 )

難問解決?

今年の夏は暑い!と毎年毎年言いながら、今年も同じセリフ言い続けた。我が家では、夏の日中、玄関のドアは少し開けたままにしている(田舎なので知らない人はめったに通らない)。風を通す為と、2匹の愚猫が出入りする為。只し、田舎なので木が繁り、川もあるので、蚊も居る。ということで兼ねてからの懸案事項であった玄関ドアの網戸化が計画施工された。早速、むっくのクラドミ隊長が夏の始めに現場検証。玄関扉には、クローザーのアームや、ハンドルなどが付いておりなかなかやっかい。おまけに我が家の料理人が、網戸に猫の出入り口も付けてよ、と無理難題を軽くおっしゃるし。クラドミ職人の解決策は、網戸用に枠も作って、網戸を少しふかせて(離して)ドアの金物などを逃がそう(当たらないようにする)というもの。で、夏も終わりに近づいた(笑)先日、取り付けて戴きました。立派な網戸扉、さすが建具職人です。ステンレスの網戸に猫扉もちゃんと付いています。誠に有り難うございました。

で、今のところ問題はたった一つ。
我が家の二匹の愚猫達は、その扉を自分で開けれまんせん(笑)。現在特訓中ですが、もう歳の猫達、生きてる間に学習して使いこなすことができるだろうか。

最後の調整中の隊長とあくび隊員。暑い中、ホント有り難うございました。
d0008234_10402565.jpg

玄関扉は外に開き、網戸は内に開くわけです。納まりもバッチリ。今、つっかえ棒をしてる猫扉、実際は自力で押して出入りする予定(果たして出来るのか?笑)
d0008234_10403971.jpg

皆様、木製建具のご用命は「むっく」までどうぞ。
出来ないものはありません。(笑)
[PR]
by hararaex | 2010-08-27 10:52 | 住宅の事

ダニを知る

小冊子をつくるのに、あらためて自分の知識の再確認と正しい情報を得る為に、裏の図書館にいって何冊もの本を借りて読んでいる。これが深みにはまる一方。その中で興味を引いたのが、アレルギーの一因となっている家ダニなどについてのの記述。それは生きているものでなくチリダニの一種のヒョウヒダニという目に見えない小さなダニ(0.3〜0.4mm)の死骸などが原因だということ。このダニ、昔から人の回りに居て、人間の皮フのカスやフケ、カビなどを食って生きているらしい。そしてたとえば、高気密のタタミの部屋で布団を敷いたら、その死骸や糞、卵などは、一斉に天井まで舞い上がり一晩かかって下りてきて、朝方、畳みの上から10センチほどの所でほこりの層を作るという。アレルギーで朝起きたらクシャミがでるのは、その中で呼吸するかららしい。だから家の換気は大事であると。そんな事を調査したお医者さんが家について書いた本とかは、なかなか面白い。こんな調子じゃ小冊子、とてもじゃないが3月までには出来ないぞ。とりあえずイラストをデータ化してくれる学生バイトを探さなくっちゃ。
d0008234_1544567.jpg
これは昔、amazonで見つけ、読んだ本。クサイものに蓋をせず、嫌われものの、ハエ、カ、ノミ、シラミ、ゴキブリなどのことも知ってみるか、と。地球上の生きものにとっては、一番の害動物は人間なのだなぁ。殺虫剤などはすごい兵器みたいなもんだ。
[PR]
by hararaex | 2007-02-15 15:13 | 住宅の事

ホッとする家

先日、佐賀のいい家を作る会というプロジェクトのセミナーが「むっく」で先日竣工しました佐賀市のIs houseで行われました。その時にセミナーの講師を頼まれ、やや大上段ですが「日本人と住まい」というテーマで、少し話しをさせて戴きました。内容は、戦後に失われた日本人のアイデンティティ。モノを持つことを美徳とするようになってた日本人の意識は、ようやく見直された時代がきたのではないか、家のあり方も、世間体というより、自分たちが満足する自分達の為の住まい、というのがようやく求め始められてきた、というような、やや固い話をしたのですが、セミナーの場所のIs houseが、ほんとうにホッとする家で(設計はむっくとお施主様の合同作業)、参加された皆さんからも一様に住宅に対しての賛辞いただきました。「むっく」のこれからの方向性も再確認されたような気です。これからもいい家をコツコツと建てていきたいですね。クラドミさん、ノミヤマさん。
d0008234_93098.jpg
家を通り抜ける土間がいいなぁ。昔はよくありましたよね。
[PR]
by hararaex | 2006-12-20 09:34 | 住宅の事

気持イイ、板。

春5月のブログで、むっくにベランダのスノコの製作を頼んで、採寸がてら一緒にビールを飲んだ話をしましたが、早速、迅速に(笑)台風一過の昨日備え付けてもらいました。いや、これでいいんです、納期は。仕事には優先順位をつけることが大事です。いやー、しかし立派、ベランダが見違えるようにいい感じになりました。材は外部テラス用のパイン材。寝そべりたい感じです。むっくの仕事ぶりの丁寧さ、改めて感じいりました。いっしょに頼んでました中島鉄工所さん製作の物干竿掛けも、思ってた以上の仕上がりでした。中島さん有難う。次ぎは、かれこれもう2年ほど考案中の、我が家のバカネコ達用窓際外階段の図面を仕上げて頼みに伺います。
久しぶりに会った野見山さん、ぐ〜っと頼りがいのある雰囲気になってきました。そのうち、いっしょにモーエンセンのようなイスを目指し、デザインして、製作しましょうね。
d0008234_11182563.jpg
d0008234_13501793.jpg

[PR]
by hararaex | 2006-09-19 11:21 | 住宅の事

お笑い?模型

むっくハウスのパイロットプランを頼まれてデザインし(1/100のペーパー模型もいくつか作り)図面化しました。その後、くらどみさんから、実材の木でも模型を作りましたから、との話しも聞いていました。で、始めてそれを見た時の事です。唖然としました‥。思わず吹き出しました。それ、デカイんです‥。通常、建築模型って1/100、あるいは1/50くらいですが、なんと1/10で作っているんですから。それに構造体には間伐材を積み上げて作るむっくのウッディブリック。これを実際と同様の仕口で角材を積み上げて作ってるんです。いくら細かい仕事を得意とする建具屋さんとは言え、普通、ここまではしないでしょう。これでもか、これでもか、とついついやり過ぎでしまう、むっくの仕事ぶり。こんなことからも伺えます。この大きな住宅模型、今度の7/22からの展示会(むっくショールームにて)でも展示されるそうです。是非、ご覧になってください。
d0008234_2315266.jpg
写真の撮り方でデカく見えるんじゃないんです。
[PR]
by hararaex | 2006-07-06 23:06 | 住宅の事

なんでも隠さなくっても。

以前に温泉付き別荘の作り付け洗面台をたのまれました。むっくで作るからムクの材で作りたいし、だからといって重々しいのは嫌だしと、ご覧の様なシンプルなカタチにしました。住宅の水回りって、だいたいキャビネットなんかで隠されたものが多いのですが、湿気対策、メンテナンス、など考えるとできるだけ出していた方がいいもの。それに足元まで見えると、部屋も広く使えます。上部は木製枠の大きなミラーを壁に取り付けて。枠の側板に溝を切り、そこに厚ガラスを差し込み、これ又シンプルなガラス棚をつけました。これ、よく既製である洗面ユニットよりはずっと安く出来ました。めでたし。
d0008234_16583376.jpg

[PR]
by hararaex | 2005-11-04 16:59 | 住宅の事

パイロットハウス

「むっく」はすでにいくつか住宅を作っていますが、住宅を作り続けるうちに、ハード、ソフト共に「むっく」自らの住宅に対しての考えを元にした、オリジナルの住宅を提案したいと言う事で、その基本プランを依頼されました。もちろん、住まい方は人それぞれですので、あくまで基本となる住宅(パイロットハウス)の提案で、それを元に、施主と一緒に考えながら、理想の住まいを作りあげていこうということです。住宅を、シェルター+設備+インテリア、の要素に分けて考え、自然素材を多用したしっかりとしたシェルター、過剰や贅沢は不要な質実剛健な設備、オリジナルの家具や建具で暮しの変化にも対応できるインテリア、などが基本コンセプトです。なかには図のように、家の中での回遊性を持たせて、変化のある楽しい暮し方をしたいな、という提案も含んでいます。コンセプト模型も出来ていますので、近々、HPにアップしていく予定です。
d0008234_11354828.jpg

[PR]
by hararaex | 2005-06-20 11:37 | 住宅の事

光りと影

家の障子を「むっく」で作り替えてもらいました。2匹の猫が外遊びから帰ってもわかるように猫間障子へ、と。通常、猫間障子は上部が固定ですが、上部も可動式にして、道往く人の視線はさえぎり、空が見える、光りと風を通す、誠に具合がいいものが出来ました。柔らかな明かりと影をかもし出す障子の魅力。モダンなインテリアにこそ、こんな素晴らしい建具を使っていきたいな、とつくづく思いながら、ビールを飲みました。
d0008234_19294691.jpg

[PR]
by hararaex | 2004-09-30 19:28 | 住宅の事