「で」のブツブツ

カテゴリ:その他の事( 97 )

収穫多し「ハラハラ展」

展示会の始まる朝まで、クラさんとドタバタとメールをやりとりしてましたが、無事「ハラハラ展」始まりました。連日、多くのお客様にお越し戴いていますが、皆さん満足されている様子で、長居されるのが、嬉しい限りです。むっくでは、素晴らしい展示台(この話は後日・笑)他、入り口の座卓、奥のダイニングセット、照明などを展示。
最後まで悩んで製作した座卓は、ドンとした橡(トチ)の木の天板をオオッ!と触られますが、以外なのは、チョイと片方の座卓を15㎝程動かすと、エエッ?と予想外のカタチの変化に驚かれます。しかし、こちらはその反応が又、予想外。(笑)
その他、むっくで作ったもの全て、いろいろとレポートできそうです。
展示会の会期はまだ半ば前。連日、ヤレヤレ、の体力が持つかどうか。(笑)

三角灯も置いて、和室のディスプレイ。あ、この三角灯、展示会の最終日に取りに来ると言われて、売れちゃった。(笑)
d0008234_849315.jpg

一枚天板だと重くて一人じゃ動かせないが、2つに分けると動かせる。
いろいろなカタチに変化出来るが、実はw1400xd800のちゃんとした長方形の一枚板。
d0008234_8491993.jpg

[PR]
by hararaex | 2012-06-06 08:55 | その他の事

最後の追い込み?

「ハラハラ展」の製作が最後の追い込み。といいながらも、いまだにアレしてコレしてよ、といい出す身勝手なワタシに、クラドミさんは優しく(内心、いい加減にしろよ、と思いつつ?)付き合ってくれます。ホントに感謝してます。
いろんなモノが同時進行しながら、製作の方はなんとか、メドが付きそう。家具以外にも今回、以前に製作した照明のシェードを材や製作方法を変え、コストダウンを図り、それをさらに安価にする為に、キット(プラモデルのように自分で組み立てる)化しようともしています。来週末も工場に入り、最後の最後までねばりたいもの。クラさん、さらに優しく付き合ってください。(笑)

橡(トチ)の無垢板。刺身のぶつ切りのようなこの材、出来るだけ細工しないで、ドンとした座卓に。
d0008234_9221967.jpg
2mのタモ材のダイニングテーブルの塗装中。こちらは逆に無垢材を軽快な感じにしてます。
d0008234_9223743.jpg
牛革を座板に直貼り。椅子張り職人はワタクシ。(笑)
d0008234_923919.jpg

[PR]
by hararaex | 2012-05-20 09:35 | その他の事

着々と。だが‥

別にけしかけてるわけではないんだが(笑)、むっくの工房に展示会の製品の進行状態をチェック?と、製作手伝いにちょっと顔を出してきました。こちらが言うまでもなく、着々と製作に向けての下準備が進行中。特に、気になってた成形合板のパーツはもう成型して製作済み。しかし、その型を見てうなりました。さすが職人、美しい程の型製作(笑)。プレス面にはメラミン樹脂板まで貼ってあり、ツルピカ。照明器具も同様。ペンダントタイプのものは、パーツもすでにNCで抜いてあり、シロウトのワタクシが組立ててみて、問題点を確認。これはプライスダウンの為、パーツのキットにして、プラモデルのようにユーザーが組み立てる案を考えているから。3年前にヒバ材で製作したものからはグッと完成度が上がっています。あと、展示台などの打ち合わせで、だいぶ展示会のイメージが見えてきました。しかし、メドが付きそうになると、さらにもう一段上に行きたくなるもの。実は急遽「むっく」にもう1つ作って欲しいものが出てきて、図を描いて模型を作り始めました(笑)。今週末にでもクラさんに相談に行こう。なんと言うかな。(笑)

成形合板の型。土台は米ヒバ材の無垢材。座板と、笠木に使う同材挽板成形用。
d0008234_4573160.jpg
共芯シナ合板による照明器具のパーツ。
d0008234_4574742.jpg

[PR]
by hararaex | 2012-04-25 05:03 | その他の事

展示会に向けて

昨年より計画を進めていました展示会「ハラハラ展」が、期日も決まり(6/2〜6/10)、いよいよ具体化して進んでいます。と言っても、むっくでは手掛けていた住宅の竣工があったりで、3月まではクラさん始め職人さんも大忙し、打ち合わせもままなりませんでしが、ようやく一段落。展示会まであと2ヶ月ですので、先週、模型、図面を持って打ち合わせ。ま、まったくゼロからと言うより、こちらは何度もトライしたタタキ台があり、それを更に発展させたモノ。とりあえず、製作の為の型づくりから(なんとむっくで成形合板にトライ・笑)。ついでに、座卓も作るので、素材のムク板も検討。トチの大きな無垢板があったので、それでやることに。そう言えば展示会で器を展開していただく「ハラハラ展」のもうひとかた、上原さん(莫窯)の展示室の前庭には、大きな橡(トチ)の木があり、秋の紅葉はそれは見事なものです。むっくでは、他に大きなダイニングテーブル、チェアー、照明、さらに展示会での展示台なども製作して戴きます。4月5月の土曜日や連休時など、ワタシもむっくに出向いて、一緒に製作に励みます。クラさんどうぞよろしく(笑)。

クラさんと検討中。今日はお菓子なし(笑)。右は大きな橡の無垢板。
d0008234_5534556.jpg
検討中の展示プランに朝陽があたる。
d0008234_5541731.jpg
莫窯の秋。橡(トチ)の木の紅葉。
d0008234_5543771.jpg

[PR]
by hararaex | 2012-04-09 17:52 | その他の事

「むっく」の木のお盆

先日5年ぶりに、以前、テーブルや備品のデザインを手掛けたレストランに行ってみた。ここは、お米屋さんがやっていてご飯はもちろんの事、特に大きなエビフライが美味しい。ここで使う木のお盆(トレイ)は、「むっく」で7年前にも別の店用に約70枚程作っており、それが評判良かったのでここでも追加注文されたモノ。巾が320mmのタモの一枚板が必要な為、100枚の注文に50枚ほどしか作れなかった記憶がある。ムク材で作る薄くて幅広のトレイは必ず反ると言っても過言ではないので、まずトレイが出てきた時、4隅を押してその反りを確かめた(笑)。結果、全く反りなし。5〜7年も使うと、最初のオイル塗装はすでになくなっており無塗装に近い状態だし、経年変化の焼けなどもあるが、かえって古さも味わいものになっている。限られたスペースで使用する為、4隅を落としたカタチ、重ねた時の納まりと、出来るだけ狂いがないように表裏同じ程度掘り込んだ断面形状など、エビフライを食べながら、7年前の事を思いだした。

トレイの材はタモ材。ムク材のテーブルの天板はレッドオーク材。
d0008234_10261053.jpg

こちらは7年前に手掛けたお店のテーブルとトレイ。
d0008234_1026284.jpg

[PR]
by hararaex | 2012-03-01 10:34 | その他の事

困った時の「むっく」頼み。

例年、1月はいろいろと忙しい時期。のんびり正月もつかの間、中旬には家具の展示会があり、カタログや、展示計画、時には製品撮影や、販促ツールまで作ったりする。それに、週一行っている学校が最終章で、卒業制作の時期。受け持つ家具デザインの授業では、ほとんどの学生が、実物の制作をしたいとの希望。プロダクトデザインというのは、カッコイイ想像図やプレゼンテーションで表現するのではなく、実物のモノを見てナンボのモノだと常々言ってる手前、やりたいことは出来るだけやらせてあげたいので(街中の学校では出来ないことが多い)おのずと実際の工場などを紹介したり、連れていったりもする。正直、疲れる(笑)。しかし、そんな授業の経験が、後々貴重な体験だったと、卒業生達が今でも言ってくれるので、その疲れも後には吹き飛ぶことになる。ことしも知り合いの中島鉄工所、又、木工では「むっく」の工場に夜遅くまでいろいろとお世話になった。もちろん、危険な機械作業は、職人さんにやってもらい作業を見てるだけだが、やれることは出来るだけ学生本人にさせるようにしている。鉄まみれ、木くずまみれでやることが大事。デザインの学校が多い東京などでは、専門の試作業者に(高額で)頼み、卒業制作を作る例も多いのだが、通信教育じゃあるまいし、自分の手で作らなくては意味がない。デザインとは作る過程でいろいろと考える事が多いのだ。この学校は常勤の先生達が又、熱心。締め切りまで、あと2週間程、これから学生達は徹夜の日が続くのだが、これに先生達も付き合うんだから(ワタシはさすがに徹夜は付き合いませんがな・笑)。今年も忙しい時期に、無理なお願い有り難うねクラドミさん。

今年のむっく工場行きは2名。いずれも女の子。大事な事は、最後にきれいに掃除をさせること。それが教育(笑)。
d0008234_188556.jpg

[PR]
by hararaex | 2012-01-21 18:15 | その他の事

新年の反省(笑)

クラさんが、ブログ更新しないことをいいわけに、こちらも楽でイイやと、5ヶ月間もほったらかしでした(笑)。ネット上の記事というのは「見るも、見ないも相手の勝手」ということでなく、一旦載せれば、それは社会性を持つ、ということが持論のワタクシとしては、いや、これはイケナイことです(笑)。
しかし、またまた、いろいろと「むっく」にお願いすることが増えてきました。例年この時期、デザイン専門学校の卒業制作で、製作協力をお願いしているのですが、今年も今週末、学生が仕事中のジャマをしに伺うことになりました。誠に申しわけない。よろしくお願いします。
そして、むっくも関係してる昨年暮れから計画している展示会が、具体的になってきました。親しくお付き合いさせて戴いてる近所の陶芸家「莫窯」の上原さんと、6月にコラボ展をやる予定。ワタシのデザインした家具の上に、上原さんの酒器や器をコーディネイトして、ちょっと大人の展示会をやりましょう、と昨年から、二人で酒を酌み交わしながら話してましたことです。家具は2社で製作。その1社が「むっく」。クラさんに協力お願いしたところ、やる気満々。こころ強いことです。これから、4ヶ月、作る過程も楽しみながら、面白い展示会にしたいと思っています。クラさん、どうぞよろしゅう。ま、その前に、お互い、もう少し頻繁にブログアップしましょうか(笑)。

展示会の名前は「ハラハラ展」です。(上原のハラと、原のハラで。笑)
d0008234_1571540.jpg
ipadになぐり描きしながら検討中。
[PR]
by hararaex | 2012-01-16 15:11 | その他の事

遅々としてはいるが進行中。

「さがモノ」のアイデアのすり合わせをデザイナー3人でやりました。人がやった案に対しては、遠慮なくアーダコーダと言いますし、自分の案にもイマイチの評価ばかりしますので、なかなか、ゴーサインが出ません。没が多い(笑)。だいたいデザイナーどうしが集まると、お互いを立ててナァナァで進む状況を沢山見てますので、「さがモノ」のデザインチームはそんな関係にはしたくない、と。ま、年齢がマチマチ(特にワタシが超上)なのでこの点やりやすい。コンセプトを絶えず確認しながら、再度、乾いたタオルを絞るようなアイデア創出作業へ。次回は3週間後だ!と日程は決めておく、ヤレヤレ。しかし、金にならなくても(笑)、頭の糧になる仕事は絶えず必要なのデス。

存在感のある(風体です・笑)若手のデザイナー2人。期待してまっせ。
d0008234_9222135.jpg

[PR]
by hararaex | 2011-06-29 09:48 | その他の事

春です。前に進みます!

建具職人とデザイナーで開発した「さがモノ」プロジェクト。このところ各自、仕事に追われたりでなかなか集まれる機会もなかったのですが、先日、これじゃイカン!と無理矢理時間を作って久々の打ち合わせ。今までの販売実績や、問題点を出しつつ、リニューアルの計画をたてました。巷にあふれる木の小物の中での違いを出すこと。「さがモノ」、さらに高質でオリジナリティのあるモノへとシフトアップしていきます。そして、何故かサイトのパスワードが変わって更新も出来なかったHPの案件も解決。表紙くらい変えなくては(笑)。
d0008234_1340985.jpg

会議の前に腹ごしらえ。デザイナー3人で近くの牡蠣小屋へ。いやぁ、食ったクッタ。3人で5kg程も食っただろうか(笑)。
d0008234_13404053.jpg

[PR]
by hararaex | 2011-04-19 13:46 | その他の事

出来ることを行動に。

2011.3.11誰もが言葉を失うほどの東日本大震災。いまだ被災地では、不自由な生活。しかし、ニュースに出るのはメディアが入りやすい場所。広範囲なので、支援が行き届いてない場所も沢山ある。西日本に住む我々は、少しばかりの支援物資を送ること(それすらスムーズには行われはいない状況)と、義援金くらいで、何もできないもどかしさ。
自分に出来ることは?ということで、むっくのクラドミさんが行動に起こしたことを数日前に知る。彼は、建具職人で何出来ることはないのか?ということを考え、簡単にできるパーティションを考案、製作を始める。すばらしい行動力。本来なら、こんな計画は、企画をするというデザイナーの自分が思いついて建具屋さんに協力を求めるということが、自分の役割ではなかったか、と反省。
体育館などの、プライバシーがない避難所生活では、このような仕切りは重宝だろう。特に障子というのがいい。ただあまりにも多くの人に個人供給は無理なので、体調の悪い人をや休ませたり、みんで使う更衣室などに使うのはいいと思う。
d0008234_16124355.jpg

問題は、これを避難生活されてる人が実際に欲しておられるかという現地の声と、スポットで送ることになるのでその場所や、送付手段などの情報。
山形に住む友人(海外に住む友人の息子なのだが)が、現地に近いということで、行政とは別に炊きだしとかのボランティア活動を行っているということは知っていた。彼にメールで問いあわせると、避難所では、食料などの支援物資をさばくこともままならない状況なので、行政は動けないだろうとのこと。彼が今度現地に行った時に、統括しておられる人にそのあたり聞いてきましょうとの、有り難い返事。
要望があれば、他の建具屋さんにも声を掛けてもう何セットが作れるはず(その時は製作協力に行かなければ)。
今回のパーティション送付計画、まだどう展開するかわからないが、とにかく、自分に出来ることは何かと考え、それを行動に移している二人の知人に多いに学ばされている次第。
[PR]
by hararaex | 2011-04-05 16:17 | その他の事