「で」のブツブツ

カテゴリ:その他の事( 97 )

協力作業に感謝。

週に一度、授業をしているFDSの卒業制作の時期。今年も家具デザインのクラスでは学生達が夜遅くまで制作作業中。最近は実物を作ってプレゼンしたいという学生が多く。教室はもはや工場化(笑)。それでも、学校の設備や自分の技術では制作できないアイデアもある。今年1人の作品は、建具の技術と、多少精度も必要だったので、工房の忙しい中をさいてもらい、むっくでの制作協力をお願いした。危険を伴う機械加工が必要だし、仕上もシビアな鉋掛けなどで、実際は学生が手を掛けれることはほとんどない。が、単に図を描いてモノを作ってもらうのでは勉強にならない。全ての作業に立ち会わせて、出来る工程を学ばせることが必要と、学生を数日電車で通わせる。驚くほど立派な(笑)作品がほぼ完成。あとは学校で、自分で塗装等の最終工程や、プレゼンテーションボードの作成が必要。最後は数日徹夜しなきゃならないかな(笑)。むっくのクラドミさん、アクビさん、職人さん達、夜遅くまで有り難うございました。卒業制作展の展示は2/9〜2/15。誰でも見る事ができます。どうぞご高覧ください。
福岡デザイン専門学校卒業制作展(環境デザイン科)

たのもしい女性職人、野見山さんの木取り作業を見るナツミ。
d0008234_949485.jpg
とりあえず掃除をして手伝いのナツミ(笑)。必要なことです。
d0008234_9492839.jpg
この精度はやはりプロでないとムリだわな。
d0008234_9495734.jpg

[PR]
by hararaex | 2011-02-01 10:00 | その他の事

更新替わりの暑さ見舞い。

ありゃりゃ、もう2ヶ月近く更新してない。
こりゃ、いかんナー。
なんだか、仕事が忙しくて、仕事が手につかないハララです。
と、いうことで、夏のお見舞いを更新替わりに。
d0008234_15513132.jpg

[PR]
by hararaex | 2010-08-11 15:52 | その他の事

職人の道を歩む。

昔は看護士だったらしい。でも、木が好きなのが高じて、木工の学校で勉強し、今や女性職人のあくびさん。(しかし、「あくび」ってワタシが付けたはずなのに、何でだったか忘れてしまった・笑)。昨日の日曜日に「オッサンの隠れ家」の進行状況を見に行った時、独りモクモクと工房の中で作業中の彼女。木工技能の家具製作技能士の一級試験を控えて、実技の課題を練習中とのこと。手に付ける職とよくいうが、若い人なら誰でも短期間で習得できるパソコンのスキルなどと違って、すぐには習得できない技術。それだからこそ、好きでないと続かないもの。若き女性が(ま、男性だっていいのだが・笑)こうしてコツコツと腕を磨こうとしているのを見ると、ウレシクなって、歳寄りのワタクシもこりゃ負けないように一緒に頑張ろうって気にもなります。
d0008234_731447.jpg
そんなにアップにしないで下さい!って言われそうですが(笑)
d0008234_734647.jpg

こちらオッサンは、もくもくと隠れ家の窓の納まりを検討中。窓を開ければ角はオープンになる。頭の中は小屋に泊まって飲む肴のことでいっぱいか。
d0008234_742041.jpg

[PR]
by hararaex | 2010-05-31 07:04 | その他の事

すこしづつ‥

むっくがコアメンバーである「さがもの」プロジェクト。ワタシがドタバタしてる為か、なかなか今年の予定が進んでいませんが、その間にも、一番の営業マン(?)である品川デザイナーを通して、アチコチにすこしづつ展示されています。鹿児島のハウスメーカー「vega house」さんのショップ「kokoru]や、熊本の住宅展示場に置かれていますし、又、東京・表参道にある中小機構のアンテナショップ「Rin」にも、展示依頼がきていました。あ、それから,福岡市内で「さがもの」をいくつか扱って戴いています「SUOP]さんが先日移転されました(近くにですが)。6月にはデザイナーサイドでの打ち合わせもしなくては‥。ま、すこしづつ、少しづつ…。

熊本の住宅展示場での展示。
(照明器具は品川デザイナーが関わっています1-4デザインストアのモノ)
d0008234_15173686.jpg
d0008234_15175846.jpg

鹿児島のショップ「kokoru」での展示。
d0008234_15181120.jpg

[PR]
by hararaex | 2010-05-07 15:31 | その他の事

さがモノ2年目。

むっくのショールーム兼さがモノshopで久々の会議。「さがモノ」の展示会から約11ヶ月。メンバーで今までの商品の販売確認、各工房の売り上げ、数百万に及ぶデザイナーへのロイヤリティ(ウソウソ!)、販売システムの問題点などが議題。それを元に今後の商品構成のあり方を検討し、新たな計画をする予定。会議では、今年秋〜冬頃に2回目の展示会を福岡、佐賀でやろうという声。先ずは、ワタシの方で大まかな商品計画とスケジュールを立て、春に再度会議をする予定。むっくの仕事では、サイン看板の製作が進行中。ウッディブリックの1000万住宅は、模型製作。ま、やることはめじろ押し。「めじろ押し」を調べてみると、<めじろ>ってほんとに押し合っているんですねぇ。
それからむっくには、デザイン専門学校の卒制作品用の材料製作をお願いしていたので、今回はそれも受け取りに。10kg程の木の塊。クソッ、運び屋か、おれは!!

むっくのメープルムク材のテーブルの上で、一見、真剣そうな顏だが‥。
d0008234_1657120.jpg
商品が多いので、帳簿も結構大変そうだが、徐々に慣れるはず。
d0008234_16572034.jpg
むっくのショールームもむっくハウス写真パネルなどが充実して、すこしづつ変化。今年はこのショールーム兼ショップへ足を運んでもらう策も考えなくては。あそこに行けば、何かがある、という具合に。
d0008234_1657385.jpg

[PR]
by hararaex | 2010-01-23 17:17 | その他の事

びっくり玉

ワタシが勝手に「びっくり玉」と称しているガラスの作品を島崎弥佳子さんに戴きました。夏に名古屋のギャラリーにて個展をされた時のモノです。いろいろな色の中からブルー系のものを選択。タモ材のベースは「むっく」の女性職人、あくびさんこと野見山さんの作。中に仕込まれた照明は小さなLEDですので、熱も持たず、消費電力もわずかなもの。これは玄関のキャビネットの上に置くのにピッタリ。点けっぱなしでどのくらい持つものだろうかと、現在配線考案中。この台の左側には小さなオブジェなどがいろいろと置けるなぁ。
d0008234_10502326.jpg

[PR]
by hararaex | 2009-11-29 10:51 | その他の事

ようやくひとつ。

先日から、やるやるといいつつ、早く早くと言われてるようで焦ってた「むっく」の木のテーブルのリーフレットがだいたい出来ました。あとはむっくで、価格表などをいれてもらえばいいでしょう。全体の紹介のもの、タイプ別に3種類のもの、サイズは他のカタログに合わせて見開きのA4サイズ。いままで、テーブルの専用カタログを求められてたお客様にもこれで多少対応ができると思います。改めて写真を編集してみると、結構むっくもダイニングテーブル、作っているんですね。あと、時間があればムクのテーブルにまつわる、コラムみたいな読みもののリーフレットも作ってみたいな、と。それから、今やってる1000万住宅のまとめ。これは単に価格の安さがうたい文句ではく、10センチ厚の杉材で壁面をつくるという極めて高質な工法と、家具をいれた新しい住まい方を含めて、その価格で出来ないものか、という面白いプロジェクトです。ま、その内容は次回に。
d0008234_164794.jpg

[PR]
by hararaex | 2009-11-10 16:05 | その他の事

港、みなと。

クラフト展に顏を出す前に、お約束どおり?出島ワーフのカフェでパスタとビールの図。いや、このペペロンチーノのパスタも旨かったので、次の日再度、ここでパスタ。ハハハ。
季節は10月、暑くもなく寒くもなく、まことに良い時期。こうやって港を見ながらボーッとしてるとまさに天国ですなぁ。住むのに良い街というのは経験上、街の中を川が流れてるいること。山が近いことなのだが、福岡や、長崎は海に面しており、さらによろしい。ただ街の規模としては長崎が理想的。ちょっと歩けばどこへでも行けるし。
又、長崎ではもう一つ楽しみがあるのデス。
ここでは朝の散歩が楽しい(東京でのホテル泊は、朝が全く面白くない)。私薦世界遺産である、十人町、唐人屋敷あたりの摩訶不思議空間をグルグルと歩く。網の目のように細い路地(それも坂や階段)が続く、つづく、つづく‥。
ホント、長崎、面白い街。
d0008234_8263388.jpg
d0008234_143847100.jpg
d0008234_827813.jpg
売地?こんなとこどうやって家建てるんだ、建築資材を肩に掛けて細い階段を上ってくるのか?と興味はつきない。
[PR]
by hararaex | 2009-10-20 08:37 | その他の事

クラフト展での展示

昨日午後にむっくの2人と一緒に、搬入、展示終了。長崎もドンと街の真ん中に出れる出島道路のお陰で、グッと近くなりました。会場では、九州クラフト協会理事長、阪本さんのご配慮で「さがモノ」は協会会員以上にいい場所とスペースを確保して戴きました。もともと「さがモノ」は日常での暮らしの中で使う道具ということで開発したものですので、このような大きな空間の美術館などで展示するものでもないのですが、たまにはこんなスペースで展示するのもいいものです。短い会期ですが、クラフト協会の皆様とも親交が出来るでしょう。長崎県美術館からちょいと出ると、カフェなどが並ぶ海辺の出島ワーフ。1度顏出す日は、ちょいとそこでビールでも飲んでこようかな。
d0008234_941922.jpg
搬入時の様子。
d0008234_943378.jpg
一番奥が「さがモノ」のコーナー。アイテムの半分ほどを展示しました。
d0008234_944513.jpg
ギャラリーの向う一面はガラス窓で開放的な空間です。
[PR]
by hararaex | 2009-10-14 09:08 | その他の事

長崎県美術館10/14〜10/18

九州クラフトデザイン協会の理事長でもある、白山陶器デザイン室長の阪本さんから連絡があったのは先月のこと。10月に長崎県美術館で催される協会展に、今回はそれにプラスして、九州各地でのクラフトデザインで目についた10名に参加依頼をしているが、「さがモノ」もその一つとして参加して貰えないか、という話。むっくも中心としてやっている「さがモノ」は、建具屋さん始めた新しい分野でのモノの販売の可能性を探ると、いうことで始めたプロジェクトであり、価格表示をしない美術館での展示など思いもしなかったが、土産物とは一線を引く作りの良さがある程度、評価されたのかなと思い、喜んで参加させて戴くこととなりました。本来は、2月の「暮らし展」みたいに、すべてをドカンと出したいとこであったが、なんせクラフトデザイン協会主催の展示会のゲストみたいな立場なので、つつましく(笑)そっと、アイテムの半分ほどを展示する予定。長崎県美術館は長崎市の港の近く水辺の公園の一角にある、場所といい建物といい、なかなか好きな所です。
d0008234_122364.jpg

[PR]
by hararaex | 2009-10-01 08:16 | その他の事