「で」のブツブツ

<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ようやく。

ペンダントライトのコード処理がきまった。やれやれ、何時迄やっとんじゃい、ワレ!という感じ。照明器具などではいつもその電源を取るためのコードの処理に頭を悩ます。どんなに器具がよくても、コードがダランと意志もなく、下がったり、這っていたりするとそれで興ざめ。今回はカールコードを使いたいなと思っていたが、ただそれを使うにしてもその必然性が必要で、それを使ったというだけではダメ。カールコードは別タイプのブラケット(壁付けライト)にも使ったが、特にブラケットというのは作り付けでなく後から取り付けたものは、それこそコードが邪魔。そこでカールコードを使って、これにタップリと意志をもたせた、フロアーランプとでも言えそうなブラケット。これうまくいけば面白いぞー、という感じなのだが、果たしてどうなるか。これからまだ灯り展で必要な説明のパネルなどの製作。職人さんたちも前面に紹介しようと、このあいだ全員の顔写真の撮影をしました。けっこう渋い感じでなかなかいいです。なんせ、プロデューサー、ディレクター、プロダクトデザイナー、グラフィクデザイナー、コピーライター、カメラマン全てをしなきゃならないから大変ですが、ま、これが今回のデザインの仕事。ゲッ!あと数日か。
d0008234_10143091.jpg

[PR]
by hararaex | 2008-01-23 10:23 | その他の事

クール・ストラッティン

という、ソニー・クラークのジャズピアノ名盤ジャケットを思いだしますが‥。3年前から週一度、地下鉄に乗って福岡市内に通っています。往復1時間、音楽を聞いたり、本を読んだり、ノートにメモしたり、と時間を過ごしていますが、ふと目を休めると、ときどき満員電車の中の足元に何故こんな靴があるのだ、という光景。けっこう大柄な女性が履いたピンヒールの靴。あの後ろ脚は径8mmくらいだろうか、痛いぞぅこの先が突き刺さると、と言う感じです。それにイメージされたというわけではないのですが、(結果としてそう感じた)ピンヒールのようなシェルフをデザインして、こんどの「灯り展」にも出品します。灯りの展示会というのは、単なる照明器具を見せるのではなく、それがあることによって演出する空間というのが大事ですので、灯りだけでなくいくつかの家具を展示することは、当初からイメージしてありました。あと2週間に迫った展示会、最終の打ち合わせも済み、あとは細かな修正、説明などのパネルの製作、などまだまだやることはありますが、それよりも明後日からは別の仕事の展示会、今年もヤレヤレ、と始まりました。

デザイナーx職人達の「灯り展」…1/29〜2/3 福岡市天神新天町ギャラリー「おいし」
d0008234_8372170.jpg

[PR]
by hararaex | 2008-01-14 08:41 | その他の事