「で」のブツブツ

<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

針葉樹、広葉樹。木にもいろいろある。

現在、全国を巡回展示している「暮らしの中の椅子展」の事務局より、コルザチェアーの入選賞状と図録が送られてきました。元々、この椅子は5年前に、むっくのベーシック家具シリーズで開発したもので、それを今回、この公募展で、針葉樹部門というのが新設されましたので(なにしろ、日本の森のほとんどは針葉樹で、その有効活用が求められています)、クラドミさんと、日々の仕事で忙しいだろうが仕事のメリハリをつくる為に、一丁応募してみますか?、ということになったものです。今年で6回目になる公募展、当初は木工作家さん達の応募が主で、プロダクトデザインされた椅子を求めるより、手作りの技術をこらした応募が多く、デザインよりアート性が強く、むっくとは方向が少し違うなと思って今まであまり関心もありませんでした。又、木製家具には(特に椅子には)、針葉樹より、強度や加工上の問題などから、広葉樹を使うのがほとんどです。むっくは元々建具屋、その工房で使う材はほとんど針葉樹。ということで、ベーシック家具という名の通り、公募展向きとはいえないチェアーを、建具職人の技術をすこし加えて、リ・デザインしました。入選して展示品には選ばれましたが、「なんで、金賞でないのだ。審査員はちゃんと、隅々まで見てくれたのだろうか?」と思っていました(笑)。ところが、送られてきた図録に大きく載っていた2次審査風景の写真で、審査員の方々が談笑しながら審査しているイスがコルザチェアー。「あら、見てたのね。」です。ハハハ。
d0008234_7532996.jpg

[PR]
by hararaex | 2008-07-24 07:57 | 家具の事

なかなかどうしてしっかり、と。

むっくの仕事展に顔を出してみました。知人の羽川さんとそのご友人と一緒に(石鹸塗装のワークショップも目的の一つでした)。なんだか、以前までの展示会とは随分趣きが変わっていました。良い意味でです。展示物を2つのルームに分けて、メインショールームにはむっくの仕事の「今」と「これから」のコンセプトを示すもの、旧ショールームには今までの歩み、という感じに分けられて、明確に自分達の意思が感じられたからでしょう。スタッフのあくびさんこと、野見山順子さんも随分頑張ってくれたようです。カタログから、展示計画、その他こまやかなところまで、今までのむっくとは一味違う、気配りが感じられました(いや、決してKさんが無頓着だったと、いうわけではありません(笑)。コルザチェアーとヒノキのテーブルに白山陶器の器と共にセッティングされたお箸と箸置き(楊子入れ)が、綺麗でつい見とれてしましました。あぁ、ここで食事すると、気持ちいいだろうなぁ、と。障子のあるシンプルなインテリア、むっくの家具や小物があるインテリア、目指す方向は一緒です。なんだかホッとして心地よく帰ってきた次第です。さて、むっくのHPのリニューアル、この夏にはやりまっせ。

d0008234_1752540.jpg
大きなヒノキのテーブルはさながら鮨屋のカウンター。コルザチェアーに合わせて、順子サンがデザインしました。順子のお箸は一品一品、鉋で手づくり。細身でシンプルです。箸置きとなっているのは、楊子入れにもなっている、こちらはクラドミさんデザイン、製作。顔に似合わず?繊細なつくり。
d0008234_17522064.jpg
楊子入れの拡大。実際に見ると驚きの寸法(余りに小さいのでワタクシ、すでに一つ失ってしまった)。さらに、もうひとつ小さな(12mmx9mmx70mm)のもあります。湿度によって、スライド時の感じが変わる程のシビアさ。
[PR]
by hararaex | 2008-07-21 17:58 | その他の事

駆け足で夏。

梅雨に入って大雨ばかりと思ってたら、あっと言う間に真夏突入。ブログ更新は最低1回/月を自分でノルマにしてたら、丁度ひと月。オヨヨと、焦って書き入れです。しかしその間何度も、くらどみ通信が更新されてるとは‥。異常気候のはずだ。いや、むっくのHP、これが本来の姿です。さてこちら、遅々とはしていますが、むっくのHP、さがもくプロジェクト、進めてはいます。さらに、昨年開発した、ieie照明に新しいアイデアが出て来て、今自分で試作中。これは、来週完成されるのが楽しみです(今、材料を手配中)。さてさて、来週はアイデア創出の為の会議を、グッと頭を柔らかくした状況でやる予定。ま、とりあえず、別件の仕事を一つひとつ片付けていかなければ。しかし、暑いな〜。
d0008234_10415463.jpg

[PR]
by hararaex | 2008-07-08 10:45 | その他の事