「で」のブツブツ

<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

さがモノ2年目。

むっくのショールーム兼さがモノshopで久々の会議。「さがモノ」の展示会から約11ヶ月。メンバーで今までの商品の販売確認、各工房の売り上げ、数百万に及ぶデザイナーへのロイヤリティ(ウソウソ!)、販売システムの問題点などが議題。それを元に今後の商品構成のあり方を検討し、新たな計画をする予定。会議では、今年秋〜冬頃に2回目の展示会を福岡、佐賀でやろうという声。先ずは、ワタシの方で大まかな商品計画とスケジュールを立て、春に再度会議をする予定。むっくの仕事では、サイン看板の製作が進行中。ウッディブリックの1000万住宅は、模型製作。ま、やることはめじろ押し。「めじろ押し」を調べてみると、<めじろ>ってほんとに押し合っているんですねぇ。
それからむっくには、デザイン専門学校の卒制作品用の材料製作をお願いしていたので、今回はそれも受け取りに。10kg程の木の塊。クソッ、運び屋か、おれは!!

むっくのメープルムク材のテーブルの上で、一見、真剣そうな顏だが‥。
d0008234_1657120.jpg
商品が多いので、帳簿も結構大変そうだが、徐々に慣れるはず。
d0008234_16572034.jpg
むっくのショールームもむっくハウス写真パネルなどが充実して、すこしづつ変化。今年はこのショールーム兼ショップへ足を運んでもらう策も考えなくては。あそこに行けば、何かがある、という具合に。
d0008234_1657385.jpg

[PR]
by hararaex | 2010-01-23 17:17 | その他の事

日常使いのコンパクト。

コンパクトなモノが好きです。それも機能的な。むっくと初めて仕事をしたのは9年前。いやはや随分前のことです。当時はネットでモノを買う時代になるとは思いもしなかった。建具職人さん達相手にどんな提案をしようかと考えた末に提案したのは、建具で使う材のヒバ材を用いて、建具製作の技術を使ったデスクをデザイン。その時、小さな模型を作ってプレゼンテーションしたのが「入れ子デスク」です。大きなデスクとスツール、小さなデスクとスツールがスッポリと一つに納まるもの。今でも好きなデザインなのですが、只、その当時は技術を見せようと、結構凝った作りになっており、日常使いの道具としては、やや高価なものになってしまいました。又、今見るとデザインもシャープさが勝ち過ぎてる気もします。昨秋、あくびさんから、いまでも結構問い合わせがあるので、再考案してください、との課題を貰いましたので、今年は再トライ。
しかし、<入れ子>が好きなのだろうか。昨年、別の某メーカーで商品化したのは、「入れ子イス」。幼児から小学生まで成長にあわせて使い、記憶と共に残すイスというコンセプト。あ、これ玄関で靴を履くのにもいいんです。

すべてがスッポリと納まる「入れ子デスク」。
d0008234_18381919.jpg
下は最初のプレゼンテーション。模型写真。
d0008234_18383392.jpg

3脚がスッポリと納まる「入れ子イス」。ヒノキ材なので、軽い。
d0008234_18384641.jpg

[PR]
by hararaex | 2010-01-05 18:45