「で」のブツブツ

組み立てるワッカシェード

5年前にむっくを含む佐賀の建具屋さん達と、照明の展示会をした時に、製作、展示したペンダントライト「わっか照明」。当時製作したのは建具屋さんで用いる材の米ヒバで製作したのですが、薄いムク板が白熱灯の熱で乾燥収縮し、反るという問題も考えられる為、商品化には至りませんでした。その後、ずっと頭のスミにあったこの照明を再度、材や光源、フォルムを見直して完成させたのが「ワッカシェード」。6月のハラハラ展で展示したところ、在庫はすぐなくなり、追加製作した程です。実は照明器具というのは、使われる材料の単価というのはたいしたものではなく、仕上げや組立の工賃が大部分を占めるわけなので、高価な照明器具でも手間を含まず自作出来れば、安価に出来るものなのです。この器具も配線や組立仕上げなどして完成品として商品にすると、2〜3万円の商品になってしまうでしょう。で、今回これを出来るだけ安価な商品にする方法として、組立キットとして販売することにしました。材の共芯のシナ合板を正確なカタチに切り抜くのはNCマシン(コンピューター制御でのカット)で行い、面取りの工程まで(ここまではDIYでは無理ですので)。仕上げ組立てはせず、又配線含まず(DIYの店で買えば¥700ほどで手に入るものです)、パーツと一緒にペーパー、ボンド、組立説明書を入れて、コンパクトにパッケージしました(送料も安くできる)。
むっくで現在製作中。といいたいところですが(笑)、今、むっくでは大きなプロジェクトに掛かりきりで、当面製作出来ない状況が続いています。出来次第HPから購入できるようアップしますので、しばらくお待ちください。

木の温かい色合い。横から光源は見えません。
d0008234_941545.jpg
Y&H邸で使われてるワッカシェード。
d0008234_943050.jpg
組立説明書。
d0008234_944679.jpg
左が梱包内容、右はパッケージ。
d0008234_951173.jpg

[PR]
# by hararaex | 2012-09-30 09:14 | その他の事

予定通りの1万円。(笑)

むっくへ行く途中、いつも通る唐津市浜玉町では7月末に浜崎祇園祭という260年も続いている祭りあり、毎年ここ5年程、夜の曳き山を見に行っている(これは一見の価値あり)。数年前より、その祭りでフォトコンテストをやってるのは知ってたので、1枚プリントして応募してみた(賞金は安いが)。
最優秀賞は、来年のポスターになることもあり、とあったので、一眼レフでちゃんと撮ったのではないし、一等は最初から諦め、次席の1万円狙い(笑)。手持ちのコンパクトデジカメなので、写りはイマイチと解っていたが、3脚に立派なカメラを付け、場所取りまでしていた多くのオッサンカメラマン達の写真は予想できたので、ま、なんとかなるんじゃないかと。
昨日、予定通りの賞金(笑)1万円が送られてきました。いやいや、ウシシの臨時収入、これで旨い酒でも買うか。

これが、応募写真。(四つ切りプリントの経費は¥840・笑)
d0008234_18151372.jpg
浜玉町特産品って何だったんだろうか? 少し気になる。(笑)
d0008234_1815222.jpg

[PR]
# by hararaex | 2012-09-05 18:21

快適な晩御飯

「ハラハラ展」の時、むっくの大きなダイニングテーブルの前で長く、話し込んでる小柄な母娘さんが居られたので、近寄って行くと「‥このテーブルって買えるんですか?」と。もちろん商品を展示してるわけですから、購入は出来る訳です。話を伺うと、現在食事の時、テーブルもイスも身体に合ってなく、みんなイスに登り?座面に正座して食べてる状況だそう。このテーブルが欲しいのですが、一度家のダイニングセットの状況を見て、相談に乗って貰えないかとのこと。10日後くらいに伺いました。おばあちゃんや本人達に座ってもらい、座面のポジションを実測(ご家族皆さん小柄)。結果、新しいテーブルの脚を50mmカットして、今使ってるイスの脚も60〜30mmカットすることに。一週間後、むっくで低くしたテーブルを納品するときに、お宅でクラドミさんにイスの脚をカットしてもらいました。次の日、娘さんからメッセージ、「ハラさんのおかげで、今日も快適な晩御飯です(笑)」と。おばあちゃんも大変気に入ってる様子。こちらも喜んで使って戴いて嬉しい限り。
実は我が家もダイニングテーブルの高さは650mm。それに合わせて、イスの脚もカットしてます。食事の後も(というより酒食が長引いてるだけ)そこでゆっくりと酒を呑みつ寛ぐ暮らしをして、もう30年以上。

上が今まで使われていたテーブルとイス。下が納めたモノ。(許可を得て掲載・笑)
d0008234_1745432.jpg

展示会の時のテーブル。テーブルの大きさはw2000xd900と広い。タモ材の天板は薄くみえますが、斜めに削いでいるので実際は40mmの厚さがある無垢材。通常高さで700mmHにしています。
d0008234_1746983.jpg

これは32年前にtendoでデザインしたダイニングセット(座面と背に座布団があるイメージ・これは楽チンでした)。なんとこのテーブルの高さは63cm。当時はまだリビングダイニングという言葉もなく低いテーブルもなかった時代。都会の百貨店の家具売り場で随分売れました。ワンタッチで伸張できるテーブルのメカ部分は実用新案を取り、これは今でもこれ以上のモノはないと思ってます。(笑)
d0008234_17465324.jpg

[PR]
# by hararaex | 2012-07-16 17:48 | 家具の事

たかが展示台なれど‥

「ハラハラ展」では、座卓やダイニングテーブルの上に器を並べて、暮らしの提案という展示をしたが、それだけでなく、上原さんの器だけを美しく並べた展示もしたいと思っていた。その為には、展示台そのものも、シンプルでシンボリックなモノにする必要があった。
長いスパンを持つ橋のようなテーブル、というイメージはすぐに浮かんだが、仕上げをどのようにするか?天板の継ぎ目はなくしたい、ということで当初は障子紙などの長い一枚紙も検討したが、展示の器には白瓷のモノが多く、すぐに却下。結果的には、一枚のグレーの布でグルリと張り包むことに。但し綺麗に貼らないと台無し。模型で貼り方を検討してはいたが、実際は多少苦闘しながら(自分だけが理解していたので、心配そうに見守る搬入ギャラリー達・笑)1時間ほどで完成。思ったよりもシワ一つも無くピンと貼ることが出来て、ヤレヤレ、と。
この台、外形寸法のみ指示をして、構造はおまかせで「むっく」で製作。コンパネで軽量なノックダウン構造、見事に作ってくれました。さすが! 感謝です。

家具だけでなく、こんな展示台も作ってよ‥、と。
d0008234_191499.jpg
4mのテーブル、軽くて強い。天板真ん中はインローで継がれ、2つに分解可能。脚もノックダウン式。さすがの構造。
d0008234_19143191.jpg
見事に貼られた展示台。しかし残念なのは、その苦労がほとんどの人に気づかれなかった事。(笑)
d0008234_19143693.jpg

[PR]
# by hararaex | 2012-07-03 19:25 | その他の事

収穫多し「ハラハラ展」

展示会の始まる朝まで、クラさんとドタバタとメールをやりとりしてましたが、無事「ハラハラ展」始まりました。連日、多くのお客様にお越し戴いていますが、皆さん満足されている様子で、長居されるのが、嬉しい限りです。むっくでは、素晴らしい展示台(この話は後日・笑)他、入り口の座卓、奥のダイニングセット、照明などを展示。
最後まで悩んで製作した座卓は、ドンとした橡(トチ)の木の天板をオオッ!と触られますが、以外なのは、チョイと片方の座卓を15㎝程動かすと、エエッ?と予想外のカタチの変化に驚かれます。しかし、こちらはその反応が又、予想外。(笑)
その他、むっくで作ったもの全て、いろいろとレポートできそうです。
展示会の会期はまだ半ば前。連日、ヤレヤレ、の体力が持つかどうか。(笑)

三角灯も置いて、和室のディスプレイ。あ、この三角灯、展示会の最終日に取りに来ると言われて、売れちゃった。(笑)
d0008234_849315.jpg

一枚天板だと重くて一人じゃ動かせないが、2つに分けると動かせる。
いろいろなカタチに変化出来るが、実はw1400xd800のちゃんとした長方形の一枚板。
d0008234_8491993.jpg

[PR]
# by hararaex | 2012-06-06 08:55 | その他の事