「で」のブツブツ

最後の追い込み?

「ハラハラ展」の製作が最後の追い込み。といいながらも、いまだにアレしてコレしてよ、といい出す身勝手なワタシに、クラドミさんは優しく(内心、いい加減にしろよ、と思いつつ?)付き合ってくれます。ホントに感謝してます。
いろんなモノが同時進行しながら、製作の方はなんとか、メドが付きそう。家具以外にも今回、以前に製作した照明のシェードを材や製作方法を変え、コストダウンを図り、それをさらに安価にする為に、キット(プラモデルのように自分で組み立てる)化しようともしています。来週末も工場に入り、最後の最後までねばりたいもの。クラさん、さらに優しく付き合ってください。(笑)

橡(トチ)の無垢板。刺身のぶつ切りのようなこの材、出来るだけ細工しないで、ドンとした座卓に。
d0008234_9221967.jpg
2mのタモ材のダイニングテーブルの塗装中。こちらは逆に無垢材を軽快な感じにしてます。
d0008234_9223743.jpg
牛革を座板に直貼り。椅子張り職人はワタクシ。(笑)
d0008234_923919.jpg

[PR]
# by hararaex | 2012-05-20 09:35 | その他の事

これからが本番?(笑)

「ハラハラ展」の椅子がカタチになっています。とりあえず、別材で2脚先行試作しながら、実材(今回はタモ材)で製作しているという、この丁寧さが「むっく」のすごさ。カタチになった試作で若干修正したいところが出て、お願いすると、すでに組み上げたにも関わらず修正してくれる。座板の成形合板下地、背のカーブも旨くいき、座り心地はなかなか。座板の張りに関しては、いろいろ検討し、クラドミさんの意見からも、ちょっと考えが変わってきました。椅子メーカーと同じことしてもダメではないか、と。今日は早速その材を手配。張り作業はとりあえずワタシがやってみます。来週は椅子張り職人です(笑)。それに今日、さらに別の図面と模型を‥(なんと強引な)。残り2週間チョイ。これからが、本番です。(笑)
d0008234_18585736.jpg

テーブル天板の接ぎ合わせも出来ています。ムク材の反りもなく、木目も綺麗だ。これを「むっく」が料理してくれます。
d0008234_18591691.jpg

[PR]
# by hararaex | 2012-05-14 19:08 | 家具の事

着々と。だが‥

別にけしかけてるわけではないんだが(笑)、むっくの工房に展示会の製品の進行状態をチェック?と、製作手伝いにちょっと顔を出してきました。こちらが言うまでもなく、着々と製作に向けての下準備が進行中。特に、気になってた成形合板のパーツはもう成型して製作済み。しかし、その型を見てうなりました。さすが職人、美しい程の型製作(笑)。プレス面にはメラミン樹脂板まで貼ってあり、ツルピカ。照明器具も同様。ペンダントタイプのものは、パーツもすでにNCで抜いてあり、シロウトのワタクシが組立ててみて、問題点を確認。これはプライスダウンの為、パーツのキットにして、プラモデルのようにユーザーが組み立てる案を考えているから。3年前にヒバ材で製作したものからはグッと完成度が上がっています。あと、展示台などの打ち合わせで、だいぶ展示会のイメージが見えてきました。しかし、メドが付きそうになると、さらにもう一段上に行きたくなるもの。実は急遽「むっく」にもう1つ作って欲しいものが出てきて、図を描いて模型を作り始めました(笑)。今週末にでもクラさんに相談に行こう。なんと言うかな。(笑)

成形合板の型。土台は米ヒバ材の無垢材。座板と、笠木に使う同材挽板成形用。
d0008234_4573160.jpg
共芯シナ合板による照明器具のパーツ。
d0008234_4574742.jpg

[PR]
# by hararaex | 2012-04-25 05:03 | その他の事

展示会に向けて

昨年より計画を進めていました展示会「ハラハラ展」が、期日も決まり(6/2〜6/10)、いよいよ具体化して進んでいます。と言っても、むっくでは手掛けていた住宅の竣工があったりで、3月まではクラさん始め職人さんも大忙し、打ち合わせもままなりませんでしが、ようやく一段落。展示会まであと2ヶ月ですので、先週、模型、図面を持って打ち合わせ。ま、まったくゼロからと言うより、こちらは何度もトライしたタタキ台があり、それを更に発展させたモノ。とりあえず、製作の為の型づくりから(なんとむっくで成形合板にトライ・笑)。ついでに、座卓も作るので、素材のムク板も検討。トチの大きな無垢板があったので、それでやることに。そう言えば展示会で器を展開していただく「ハラハラ展」のもうひとかた、上原さん(莫窯)の展示室の前庭には、大きな橡(トチ)の木があり、秋の紅葉はそれは見事なものです。むっくでは、他に大きなダイニングテーブル、チェアー、照明、さらに展示会での展示台なども製作して戴きます。4月5月の土曜日や連休時など、ワタシもむっくに出向いて、一緒に製作に励みます。クラさんどうぞよろしく(笑)。

クラさんと検討中。今日はお菓子なし(笑)。右は大きな橡の無垢板。
d0008234_5534556.jpg
検討中の展示プランに朝陽があたる。
d0008234_5541731.jpg
莫窯の秋。橡(トチ)の木の紅葉。
d0008234_5543771.jpg

[PR]
# by hararaex | 2012-04-09 17:52 | その他の事

「むっく」の木のお盆

先日5年ぶりに、以前、テーブルや備品のデザインを手掛けたレストランに行ってみた。ここは、お米屋さんがやっていてご飯はもちろんの事、特に大きなエビフライが美味しい。ここで使う木のお盆(トレイ)は、「むっく」で7年前にも別の店用に約70枚程作っており、それが評判良かったのでここでも追加注文されたモノ。巾が320mmのタモの一枚板が必要な為、100枚の注文に50枚ほどしか作れなかった記憶がある。ムク材で作る薄くて幅広のトレイは必ず反ると言っても過言ではないので、まずトレイが出てきた時、4隅を押してその反りを確かめた(笑)。結果、全く反りなし。5〜7年も使うと、最初のオイル塗装はすでになくなっており無塗装に近い状態だし、経年変化の焼けなどもあるが、かえって古さも味わいものになっている。限られたスペースで使用する為、4隅を落としたカタチ、重ねた時の納まりと、出来るだけ狂いがないように表裏同じ程度掘り込んだ断面形状など、エビフライを食べながら、7年前の事を思いだした。

トレイの材はタモ材。ムク材のテーブルの天板はレッドオーク材。
d0008234_10261053.jpg

こちらは7年前に手掛けたお店のテーブルとトレイ。
d0008234_1026284.jpg

[PR]
# by hararaex | 2012-03-01 10:34 | その他の事