人気ブログランキング |

「で」のブツブツ

無垢材のむっく

木材、燃してしまえば単なる薪なのですが、加工することによって一生使えるテーブルにもなります。それも無垢材だと時間と共に味わいも出てきます。プラスチックや合板にぶ厚く塗装したものではそうはなりません。最初は美しくても時間と共にあとは、汚くなるばかりです。よい銘木でなくったっていいのです。シミ、節、色違い、永年その木が生きてきた証しみたいなものです。そんな木のテーブルのデザインをあるレストラン用に頼まれました。「むっく」で作ってもらいながら、なんだか、その木が愛おしくてしょうがありません。塗装も木味を生かした自然塗料の安全なオイル仕上げです。乾燥すれば時々拭きたすだけ。汚れたら、少し削ってまたオイルをぬれば、元どおり。昔は家具って、みんなそうだった。単に当たり前のことをしているだけです。そんな「むっく」と付き合い始めて早5年。できるだけシンプルに控えめに材そのもを生かしたデザインする楽しさをこれからも味わいたいものです。このブログ。ときどき「で」が発する独り事。これでもっと「むっく」に関心もってもらえればなぁ、と思っています。
d0008234_14235654.jpg

by hararaex | 2005-04-04 17:22 | 家具の事