人気ブログランキング |

「で」のブツブツ

春です。前に進みます!

建具職人とデザイナーで開発した「さがモノ」プロジェクト。このところ各自、仕事に追われたりでなかなか集まれる機会もなかったのですが、先日、これじゃイカン!と無理矢理時間を作って久々の打ち合わせ。今までの販売実績や、問題点を出しつつ、リニューアルの計画をたてました。巷にあふれる木の小物の中での違いを出すこと。「さがモノ」、さらに高質でオリジナリティのあるモノへとシフトアップしていきます。そして、何故かサイトのパスワードが変わって更新も出来なかったHPの案件も解決。表紙くらい変えなくては(笑)。
d0008234_1340985.jpg

会議の前に腹ごしらえ。デザイナー3人で近くの牡蠣小屋へ。いやぁ、食ったクッタ。3人で5kg程も食っただろうか(笑)。
d0008234_13404053.jpg

# by hararaex | 2011-04-19 13:46 | その他の事

出来ることを行動に。

2011.3.11誰もが言葉を失うほどの東日本大震災。いまだ被災地では、不自由な生活。しかし、ニュースに出るのはメディアが入りやすい場所。広範囲なので、支援が行き届いてない場所も沢山ある。西日本に住む我々は、少しばかりの支援物資を送ること(それすらスムーズには行われはいない状況)と、義援金くらいで、何もできないもどかしさ。
自分に出来ることは?ということで、むっくのクラドミさんが行動に起こしたことを数日前に知る。彼は、建具職人で何出来ることはないのか?ということを考え、簡単にできるパーティションを考案、製作を始める。すばらしい行動力。本来なら、こんな計画は、企画をするというデザイナーの自分が思いついて建具屋さんに協力を求めるということが、自分の役割ではなかったか、と反省。
体育館などの、プライバシーがない避難所生活では、このような仕切りは重宝だろう。特に障子というのがいい。ただあまりにも多くの人に個人供給は無理なので、体調の悪い人をや休ませたり、みんで使う更衣室などに使うのはいいと思う。
d0008234_16124355.jpg

問題は、これを避難生活されてる人が実際に欲しておられるかという現地の声と、スポットで送ることになるのでその場所や、送付手段などの情報。
山形に住む友人(海外に住む友人の息子なのだが)が、現地に近いということで、行政とは別に炊きだしとかのボランティア活動を行っているということは知っていた。彼にメールで問いあわせると、避難所では、食料などの支援物資をさばくこともままならない状況なので、行政は動けないだろうとのこと。彼が今度現地に行った時に、統括しておられる人にそのあたり聞いてきましょうとの、有り難い返事。
要望があれば、他の建具屋さんにも声を掛けてもう何セットが作れるはず(その時は製作協力に行かなければ)。
今回のパーティション送付計画、まだどう展開するかわからないが、とにかく、自分に出来ることは何かと考え、それを行動に移している二人の知人に多いに学ばされている次第。
# by hararaex | 2011-04-05 16:17 | その他の事

協力作業に感謝。

週に一度、授業をしているFDSの卒業制作の時期。今年も家具デザインのクラスでは学生達が夜遅くまで制作作業中。最近は実物を作ってプレゼンしたいという学生が多く。教室はもはや工場化(笑)。それでも、学校の設備や自分の技術では制作できないアイデアもある。今年1人の作品は、建具の技術と、多少精度も必要だったので、工房の忙しい中をさいてもらい、むっくでの制作協力をお願いした。危険を伴う機械加工が必要だし、仕上もシビアな鉋掛けなどで、実際は学生が手を掛けれることはほとんどない。が、単に図を描いてモノを作ってもらうのでは勉強にならない。全ての作業に立ち会わせて、出来る工程を学ばせることが必要と、学生を数日電車で通わせる。驚くほど立派な(笑)作品がほぼ完成。あとは学校で、自分で塗装等の最終工程や、プレゼンテーションボードの作成が必要。最後は数日徹夜しなきゃならないかな(笑)。むっくのクラドミさん、アクビさん、職人さん達、夜遅くまで有り難うございました。卒業制作展の展示は2/9〜2/15。誰でも見る事ができます。どうぞご高覧ください。
福岡デザイン専門学校卒業制作展(環境デザイン科)

たのもしい女性職人、野見山さんの木取り作業を見るナツミ。
d0008234_949485.jpg
とりあえず掃除をして手伝いのナツミ(笑)。必要なことです。
d0008234_9492839.jpg
この精度はやはりプロでないとムリだわな。
d0008234_9495734.jpg

# by hararaex | 2011-02-01 10:00 | その他の事

難問解決?

今年の夏は暑い!と毎年毎年言いながら、今年も同じセリフ言い続けた。我が家では、夏の日中、玄関のドアは少し開けたままにしている(田舎なので知らない人はめったに通らない)。風を通す為と、2匹の愚猫が出入りする為。只し、田舎なので木が繁り、川もあるので、蚊も居る。ということで兼ねてからの懸案事項であった玄関ドアの網戸化が計画施工された。早速、むっくのクラドミ隊長が夏の始めに現場検証。玄関扉には、クローザーのアームや、ハンドルなどが付いておりなかなかやっかい。おまけに我が家の料理人が、網戸に猫の出入り口も付けてよ、と無理難題を軽くおっしゃるし。クラドミ職人の解決策は、網戸用に枠も作って、網戸を少しふかせて(離して)ドアの金物などを逃がそう(当たらないようにする)というもの。で、夏も終わりに近づいた(笑)先日、取り付けて戴きました。立派な網戸扉、さすが建具職人です。ステンレスの網戸に猫扉もちゃんと付いています。誠に有り難うございました。

で、今のところ問題はたった一つ。
我が家の二匹の愚猫達は、その扉を自分で開けれまんせん(笑)。現在特訓中ですが、もう歳の猫達、生きてる間に学習して使いこなすことができるだろうか。

最後の調整中の隊長とあくび隊員。暑い中、ホント有り難うございました。
d0008234_10402565.jpg

玄関扉は外に開き、網戸は内に開くわけです。納まりもバッチリ。今、つっかえ棒をしてる猫扉、実際は自力で押して出入りする予定(果たして出来るのか?笑)
d0008234_10403971.jpg

皆様、木製建具のご用命は「むっく」までどうぞ。
出来ないものはありません。(笑)
# by hararaex | 2010-08-27 10:52 | 住宅の事

更新替わりの暑さ見舞い。

ありゃりゃ、もう2ヶ月近く更新してない。
こりゃ、いかんナー。
なんだか、仕事が忙しくて、仕事が手につかないハララです。
と、いうことで、夏のお見舞いを更新替わりに。
d0008234_15513132.jpg

# by hararaex | 2010-08-11 15:52 | その他の事